水素水は効果ないの!?本当の効能を徹底検証しました!

水素水は効果ないの!?本当の効能を徹底検証しました!

水素水の効果や効能は?

〜水素水の効果や効能は?〜
 
 健康志向が高まる中で「健康や美容に良いこと」は話題の種ですが、その中でも水素水は生活習慣病の予防や改善になり、美容やダイエットにも効果や効能があると注目されています。
一部では効果ないと言われていますが、医療分野でもパーキンソン病やアトピー性皮膚炎、自律神経失調症の治療など様々な病気の治療に取り入れられつつあります。
今のところ水素水は薬ではないので、水素水を飲めば病気が治るというものではありませんが、継続的に飲むことで体質の改善効果は期待できるようです。
 
■水素とは?
 
水素とは水素原子(H)が2つ結合した水素分子(H2)で、水素ガスのことです。
水素は宇宙でもっとも豊富にある元素で、宇宙全体の50%以上をしめています。  
また、水素はあらゆる物質の中でも最も小さくて軽く無色、無味、無臭で燃えやすいという特徴があります。
 
■水素水とは?
 
水素水とは水素ガスを含む水のことで、水素の含有量が0,08ppm以上の高い濃度で溶けている水のことを言います。
水素水は水素ガスを高圧、バブル化して水に溶存させたものと、水を電気分解させて水素分子を発生させた水素水があります。

 
■水素水の効果について
 
水素水には、細胞を酸化させ様々な病気を引き起こす原因となる悪玉活性酸素を除去する働きがあります。
活性酸素には善玉活性酸素と悪玉活性酸素があります。
すべての活性酸素が体の老化や病気の原因になっているわけではなくて善玉活性酸素には、体外から侵入してきた細菌やウイルスを除去する働きがあります。
水素は悪玉活性酸素のみとくっつく性質があるので、水素水を飲むと水素が体の隅々まで行き渡り、悪者のみをやっつけてくれます。
 
 
 通常、私たちが体内に取り入れている酸素の内の2%が活性酸素に変わりますが、活性酸素の内の悪玉活性酸素が増えすぎると、正常な細胞や遺伝子まで傷つけてしまいます。
水素を効率よく摂取し、新陳代謝の良い体を作りましょう。
水素は厚生労働省で安全な食品添加物として認可されています。
体の中に悪玉活性酸素がなければ水素は体外に排出されてしまうので副作用の心配はありません。   
 
水素水は効果や効能がないと噂はされていますが、科学的には水素水は効果があるらしいので本当なのでしょうね。